2007年06月11日

理学療法とは

理学療法とは、リハビリテーションの一分野で、立つ・歩く・寝る・起きるといった基本的な動作における障害、筋力や持久力の低下、腕・足・関節の痛みなどを改善し、健康な状態に回復させることを指します。

リハビリテーションには様々な方法が用いられ、
□手や器具を用いて、麻痺した部分を回復させる。
□また同様の方法で、筋力や持久力を高める。

さらには
□患部を温めたり、冷やしたりすることで痛みをとる
 物理療法にわけられます。

これからの理学療法士は、高齢者の障害回復に取り組む機会が増えます。高齢者が手術をして1週間入院すると、かなりの筋肉が落ちてしまうと言われています。

最近では呼吸循環器系の病気や糖尿病を原因とした歩行困難も増えてきていて、理学療法士といえども高度な医療知識を持つ必要性が出てきています。

posted by 受験ナビゲーター at 17:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作業療法学科で学ぶこと

作業療法には大きく「身体障害」「精神障害」「発達障害」「老年期障害」の4つの分野があります。

国家資格である作業療法士を目指します。

主な就職先としては、

病院等の医療機関
保健所、保健センター等の行政機関
老人保健施設・福祉施設
地域リハビリテーションセンター
精神病院・精神保健センター
発達支援センター・療育センター
自助具・福祉機器関連企業
養護学校・研究機関

などがあげられます。

主な大学のカリキュラムなどをみると

・陶芸や織物、木工など患者の方が行う作業を実際に体験し、一つ一つの作業が人間の精神や身体に与える影響や治療効果について学んでいきます。


・身体機能評価学
この学問は、作業療法を通じて、身体機能がどれだけ回復したかを評価するための学問です。筋力や心肺機能、関節稼動領域などの評価についても学びます。

・臨床実習
病院などの医療機関や地域の施設において作業療法士の指導や助言の下、患者の方と接して、、訓練や援助の仕方を体験しながら学んでいきます。

posted by 受験ナビゲーター at 16:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作業療法とは

作業療法とは身体や精神に障害を受けた人が、家庭、学校、職場、あるいは地域社会に復帰し、自立して生活できるように訓練やアドバイスを行う有資格者です。

日常生活の様々な動作や作業の体験・分析、病院や医療施設など王です。での実習を通して援助方法などを勉強していくのが一般的です。

障害を持つ人々の視点に立って、一人ひとりの社会復帰を支援するのがもくhy
posted by 受験ナビゲーター at 16:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。